注文住宅の夢、叶えます

土地がない、自己資金が乏しい、でも注文住宅に住みたい。 そんな人たちに「あきらめないで」とエールを送るフォーユーハウス。 問題解決のために、次のような方法を採用しています。

フォーユーハウスは、不動産畑出身の社長・波多野和徳が立ち上げた会社です。
波多野は常々、土地を売る人間と、そこに家をつくる人間は同じ人物でなくてはならないと考えてきました。「そうでないとお客様に対して責任が持てない」というのがその理由。そして、平成7年(1995)、不動産部門と建築部門を併せ持ち、"土地にも建築にも明るい会社"フォーユーハウスが誕生したのです。
価格だけでなく、生活環境や校区、土地の人柄など豊富な土地情報は、不動産にも通じているフォーユーハウスならではの強みと自負しています。

住み替えを希望されていて、自宅を売却した代金を自己資金に充てたいとお考えのお客様のために、フォーユーハウスでは独自の買取りシステムを実施しています。売れてから建築を始めるのでは、タイムラグが生じて何かと支障をきたしやすいため、フォーユーハウスがお客様の自宅を買取り、その分を自己資金にして、新築プランを立てていただきます。このシステムでは、新居が建つまでご自宅に住み続けられるので、仮住まいの心配も不要です。

一般によく行なわれているように、だいたいの予算を立てて設計し、いろいろなオプションをつけていく方法では、予算オーバーになりがちです。
フォーユーハウスでは、外構工事費からカーテン、家具代、諸経費まですべて含めた総予算を立て、その範囲で最高のレベルの家づくりをしていくという方法をとっています。従って、余程の変更や追加工事などが出ない限り、契約後に100万円追加といった事態は、フォーユーハウスでは滅多に起りません。

フォーユーハウスさんは安心感が違います

前の家を売って新しい家を建てようという時に、フォーユーハウスさんが言ってくださった言葉が忘れられません。「前の家が売れるかどうかの心配は一切しないでくださいね。新しい家のことだけ考えましょう」。そう言われてすーっと気持ちが楽になったのを覚えています。
とにかく何でも揃っているのがフォーユーハウスのいいところ。土地は探して下さる、古い家の買い手は探して下さる、ローンのことも相談に乗ってくれて、地元の会社だからアフターも安心でしょ。しかもスタッフの方が、建築、土木、造園、不動産と複数の分野にまたがって資格をもっておられるし、家は家でカーテン・照明・庭の砂利まで入れたコミコミ価格。安心感とお得感が断然違いますね!
建築中もしょっちゅう見に来ていたのですが、職人さんも気さくな方ばかりで、自分の家を建てるみたいにあれこれとアドバイスしてくださいました。使い勝手のいいように、現場での変更も臨機応変にしてくれました。
家族全員とにかく大喜びで、新しいお家に引っ越すのを心待ちにしているんです。

「建てる」よりも「建てられるようにする」にこだわる会社


   私が不動産会社に勤めていた頃、売らせてもらった家にカビが生えるという事件がありました。お客様は「家を建てたのは工務店なんだから、波多野さんのせいじゃないよ」と言ってくださったのですが、情けないなあという思いが残りました。「家を自分の手でつくりたい」という思いは、その時の辛い体験に根ざしているのかもしれません。
家を建てるようになってわかったのは、土地探しプラス資金面でのアドバイスのできる工務店が、意外に少ないということでした。みなさん「建てる」ことにはものすごいこだわりを持っておられて、技術もすごいのですが、そこに行くまでに土地やローンのアドバイスをしてあげないと、途中で「やっぱり無理」とあきらめてしまわれるお客様も結構多い。
その人たちを放っておいていいのかという思いと、自分たちは「建てる」をもう少し広げた「建てられるようにする」という分野で、少しはお役に立てるのではないかという思いで、独自の家づくりシステムを構築してきました。
フォーユーハウスはまだまだこれからの会社。でも原点である「For You」という思いだけは決して変わることがありません。みなさまとともに夢を追わせてください。どうぞよろしくお願いします。